WATTS TOWER ブログ

漫画家・板倉梓の最新情報とか日記とからくがき

「泉さんは未亡人ですし…」(まんがライフSTORIA)
「幼なじみと神さまと」(サンデーうぇぶり)連載中
最新単行本
「きらきらビームプロダクション」全2巻
「間くんは選べない」全3巻

(ブログ内の画像・テキストの無断複製、転載、配布は禁止です)
<< 闇に降り立った | main | 止めるな!! >>
まんがライフSTORIA発売!

きょう発売のまんがライフSTORIAに

「泉さんは未亡人ですし…」第4話載ってます!

巻頭カラー4ページですよ〜!!!

扉絵のデザインがとてもかわいいので

ぜひぜひ見てほしいです!

昭和初期の浅草を舞台にした

未亡人・泉さんと下宿人である学生・本間くんの

お話です

今回は風邪をひいてしまった本間くん…

なお話!

ご一読くだされば幸いです⭐️

よろしければアンケートやご感想など

編集部まで送っていただくと

とっても励みになります!

いただいたご感想は担当さん経由で

いつも読ませてもらってます

ほんとにありがたいです…元気でる!!

 

webでもおっかけ連載中ですので

未読の方はこちらもぜひぜひ^^

 

 

他にも新作の準備をもそもそしてますので

バーンと告知できるよーにがんばりますヘヘヘ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

| 同人・お仕事 | 14:40 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 14:40 | - | - |
コメント
すぎっちです先生お疲れ様です!8月スタートに!7月が暑かっただけに8月はさらに暑くなるかもですね!熱中症には気をつけてください!さて泉さんは未亡人ですし…読みました!カラーで洗濯物干す泉さん魅力的です!本間が風邪でダウン!辛そうです!倉持が見舞いに!優しいです!泉さんにも丁寧な挨拶!そして率直な感想ばっちりです!本間隠しきれずに添い寝ライフを話すことに!そろそろ潮時かもと!倉持の家で下宿OKまで!頼もしすぎます!やはり風邪ですから添い寝はなしで!身体を拭いてもらうのドキドキでした!久々に一人で眠れると思ったら!泉さんやはり怖い夢を見てきたー!うるうるな表情見たら断れないです!風邪がうつらないように!本間が平静を保つの装うのも大変ですね!泉さんからはほんとに興味がないと思われて!それはそれで悩みありますね!そして本間の風邪が治らない(笑)お大事にでありますね!次回もわくわくです!がんばってください!それでは!
| すぎっち | 2018/08/01 7:39 AM |

STORIA vol.31 掲載 『泉さんは未亡人ですし…』 読みました。
扉の透子さんが好い感じです。二・三・四話の扉を見るに、どれも水仕事に携わっているような。

今回の肇くんは体調不良? これも「医者の不養生」でしょうか。まだ医者になってませんけど。
Heed a physician before you need him. 医者が必要になる前に、医者の言うことを心に留めておけ。
これは倉持君がその「医者」役かも。様になるなあ(笑)

 ▽

物事の要点を他者へ教示するには、まず自らが勘所を押さえた理解をしている必要があるはずで。
理解の曖昧な箇所を放置したまま、他人に教示はできないもの。彼はそれを知りながら、なお肇くんにそう申し出たのではないだろうかと。
取りも直さず、それは自らの理解を深めることに他ならず。切磋琢磨、精励恪勤とは彼のことか。

とはいえ経験という、あくまで個人に根差した知識、ひいては知恵を他人へ誤解なしに伝授するのは並大抵のことではなく。
実習であるなら形式論理学的に言語で表せる内容と思われますが、それでも言葉で伝えきれない部分はあるはずで。

つまり何が言いたいかといいますと。倉持いい奴(笑)

 ▽

では今回、肇くんはマッタク良いとこ無しかというと然に非ず。

私の好きなマンガのひとつに、戸田誠二氏の 『スキエンティア』(小学館刊)があります。
この「スキエンティア」という言葉、Google先生に訊ねると、ラテン語でいうところの「知識」に相当するらしいのですが。

それで思い出したのが、『放課後の哲学さん』 絡みで先日読み返した、真継伸彦氏の著書のくだりです。
以下引用。

> 悲とは苦の自覚の情的な側面であるが、私はさいきんサンスクリット語における悲の原意が「うめく」であることを教わった。慈の原意は「ともに」ということであって、慈悲とは「ともにうめくこと」だったのである。
 (中略)
> 知は同時に情である。他人の苦しみの知が、ともにうめくという共感を生み、苦の解消へとうながすのが本来の意思である。
> おなじ知と情の同時実現は、ヨーロッパの諸言語の良心(ドイツ語ではゲヴィッセン、英語ではコンシアンスであって、もとはラテン語のコン≪集めて≫・スキエンチア≪知ること≫である)。すなわち他人の不幸をよく(コン)知ること(スキエンチア)は、もともと、他人を助けたいという良心である。
> さきに述べたように、私たちは歩道をあるいていて、前をよちよちあるいている幼な子が車道へはずれそうになれば、歩道へ連れもどそうとするうながしを感じる。むろんその幼児の危険にたいする知が、幼児を助けたいという情を生んでいる。かかる慈悲は、“エゴイズムとともに”、古今東西をつうじて変わらぬ人間の本質である。

話が迂回しましたが、今回に限らず肇くんはずっと、透子さんと「共に呻いて」いたのではないだろうかと。
医は仁術であり、仁術とは仁徳を施すことであり、仁徳とは平たく言えば「他人に対する思いやりの心」だそうです。

通念としての正誤や善悪といった認識に悩み、目前の情に迷い、躊躇いつつも自らの意思で助けようとした…
それは一方的な働きかけではなく。透子さんもまた、肇くんを度々助けていたがゆえのことであろうと思われます。

“慈悲は強要されぬが誠のありよう。天から注ぐ慈雨さながら、あまねく大地を潤すもの。” (『ヴェニスの商人』)

 ▽

なにやら今回はお遊びの少ない文章になりました。
更にはヒロインである透子さんについて、あまり触れていない気がします。ヒロインなのに。かわいいのに。

There is a tide in the affairs of men (物事には全て潮時がある)――
身体的にだけでなく、心理的にも透子さんと距離が詰まりつつある肇くんの選択や如何に。
次回も待ってます。

 ・
 ・
 ・

はっ。またやらかした。
| 隣の学生 | 2018/08/27 12:52 AM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PROFILE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
野村24時 3 完結 (バンブーコミックス)
野村24時 3 完結 (バンブーコミックス) (JUGEMレビュー »)
板倉 梓
9月17日発売!
完結巻です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
僕らの漫画 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
僕らの漫画 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) (JUGEMレビュー »)
「僕らの漫画」制作委員会
東日本大震災復興支援チャリティーアンソロジー。読切りを1本描いてます^^
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Comics Anthology
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS